Profile

Temiyan.・テミヤン.(宮手健雄/Takeo Miyate)

Temiyan.
僕は、浜辺のフォークシンガー。

生まれは、海まで5分とかからない、平塚市虹ヶ浜。昭和30年代、家の周りにはまだ、空き地や松林がたくさん残っていました。

遊びは松の木の上の基地作り、松ぼっくりを山ほど集めて、攻撃に使い、あきたら羽根のついた小さな松の実を割って食べたなぁ~。地引き網を手伝ったり、シジミや石ハマグリもとった、ハゼやキス、イシモチ、ガザミ、釣りもたくさんやった。防砂林には、けもの道のように人の通った後が、海まで続いていて、浜辺には浜昼顔の花、コウボウ麦が広がる砂浜。夏ムッとする草いきれ、ナデシコ、ツユクサ、月見草。お風呂は擦り切れだらけで痛かった。

中学生時代、当時はまさにフォークソングブーム真っ盛り、文化祭で同級生の清水君が唄った、岡林信康の差別問題をテーマにした「チューリップのアップリケ」に衝撃を受け、質屋で買ったテスコのエレキギターをヤマハのフォークギターに持ち替えたのでした。それまで友達とのプロレスごっこがすべてだった僕は、徐々に社会とは?生きてゆくとは?自分とは?次々と現れる頭の中の疑問符を誰に相談することも出来ず、パンパンに膨れて抱えきれなくなっていました。

気がつけば、能天気に幼かった少年は、修学旅行にも参加出来ないほどナイーブになってしまいました。

Temiyan.茅ヶ崎での新しい生活は、何もかもが新鮮でした、仲の良い友達がいない代わりに干渉されず自由でもありました。高校では、テニス部と受験用石膏デッサンそしてBANDの練習、に明け暮れ、又本来の能天気な気質に戻ってゆきました。

大学では、日本画を専攻、基礎はしっかり習いましたが、作品らしいものは2~3点描いたでしょうか、(裸婦デッサン、クロッキーにはドキドキしたなぁ~)2年の途中から、先輩に紹介された、イタリアンレストランでの弾き語りのバイトやライブハウスが楽しくなり、そのまま学校へはいかなくなり、学期末に中退の手続きをしたのを覚えています。

その後、高円寺の稲生座や下北沢のバケツハウスなど都内の濃い~ライブハウスで多少の違和感を持ちながら、地方出身のフォーク侍と闘うように唄っていました。

同じ頃、地元茅ヶ崎の住宅地にあらわれた、いまや伝説の「Cafeブレッド&バター」でバイトをはじめ、唄うようにもなってゆきました。ブレバタのお店で出会った仲間たち、そして、(ブレッド&バター)幸矢さん、二弓さんの兄弟との出会いはその後の僕の道を、決定づけたターニングポイントになっているとおもいます。何しろ語りつくせないほど面白かった数年でした。

今僕の歌は、海辺を舞台にそこで生活する人達の日常の機微を、飾らず素直に表現しようと思っています。

今まで経験してきた事、そしてこれから年を重ねるごとに見えてくる思いを、フォークソングを唄い始めた中学生の頃と同じ気持ちで唄っていけたら、幸せです。

そう、僕は今でも、ただのフォーク少年のままなのです。


Temiyan.1957年神奈川県平塚市出身。茅ヶ崎市在住。 浜辺のフォ―クシンガー。

1984年、ブレット&バターの岩沢二弓プロデュースによるアルバム「Za Za Za」でデビュー。

湘南を拠点とした海辺の生活をコンセプトに、自然体でさりげない日常をとおして、人生を優しく歌い上げる独自の〈アコースティックな湘南サウンド〉を確立。

心がほどけるような人生を支える唄、胸がきゅうんとなるような恋の唄、森羅万象の神秘を感じる唄・・・ 彼の太く深みのあるやさしい歌声には、潮風と波の音と温かな陽射し、そして穏やかな時の流れがあり、多くの人が魅了されている。

ソングライターとして高橋真梨子、ロバータ・フラッグ、アグネス・チャン、中村あゆみ他に楽曲も提供。

山菜や海辺の野草「海菜<かいな>」(命名者でもある)を研究、料理をすることをライフワークにし、雑誌に連載などを持つ。独自のレシピはNHK「いっとろっけん」でも紹介され大きな話題となり、「湘南ワイルド食卓図鑑」「日曜日の遊び方 山菜+海菜のフィールドノート」の書籍がある。

テレビやラジオのパーソナリティー、ナレーター等としても活躍。