ワイルド食卓図鑑

盛り付けでさらに味が引き立つ海菜プレート

海菜を使った料理のレシピをご紹介します。(料理名をクリックしてください。)

ハマダイコンのサラダ
アシタバ焼きそば
ハマボウフウのなます
ハマエンドウのチャンプルー
ヒジキご飯
ツルナ入り中華いため

海辺の日常菜、海菜

山や山里で採る山菜に対して、海辺で採れるものを「海菜(かいな)」と呼んで区別している。私の考える定義だが、渚の波打ちぎわを境にして、海側では大潮の干潮時に露出する磯、岩側から浜側では砂浜、砂丘、そして海辺の林までの間で見られる日常的に利用しやすい、食べられる海藻、野草、果実などを総称して海菜とよんでいるのだ。(山菜+海菜のフィールドノートより)


日曜日の遊び方 山菜+海菜のフィールドノート (日曜日の遊び方)

山菜+海菜のフィールドノート2002年4月/雄鶏(おんどり)社刊 1,480円(税込)

海幸、山幸の摘み方をフィールドワークとして提唱する都会人のための1冊。基本の10種を選りすぐり、採取法と食べ方(伝統料理法から今風のアレンジを加えた料理)を紹介。

  • はじめに-自然からの贈り物
  • 第1章:山菜、野草徒然草(幻の…、噂の…、強壮強精薬 トロロイロイロ 他)
  • 第2章:海菜事始め(「かいな(海菜)とは」海浜植物に出会える場所 他)
  • 第3章:食用野草図鑑(人里の早春里山の春 他)
  • 第4章:野草調理便利帖(山菜STYLE、海菜STYLE、採取時の留意事項 他)

Amazonで購入する


湘南ワイルド食卓図鑑-湘南の食と文化を丸ごと味わうための

湘南ワイルド食卓図鑑2008年12月5日/BABジャパン出版局刊 1,575円(税込)

「海の近くで暮らしてよかったな」四季の野生料理で綴る誰も知らない本当の湘南ライフ。

Amazonで購入する

ハマボウフウのなます

ハマボウフウハマボウフウ
浜辺に生息する。砂に埋もれた葉柄ごと摘み、刺し身のつまに使う。

  • 材料(4人分)
  • ハマボウフウの葉(10枚程度)
  • ダイコン(1/4~1/3本)
  • A:酢(大さじ3)、砂糖(大さじ1と1/2)、みりん(小さじ2)、薄口しょうゆ(小さじ1)、小口切り赤トウガラシ(1本分)
  • 塩少々
  1. Aを混ぜて、合わせ酢を作り、ひと煮たちさせ、冷ましておく。
  2. ダイコンは皮ごと斜めに薄くスライスした後、千切りにする。
  3. ハマボウフウは飾り用の1枝を残して細かく刻む。2.とボウルに合わせて塩を入れ、軽くもんでしんなりさせる。
  4. 水けをしっかり切り、1.と混ぜ合わせる。

Close

ハマエンドウのチャンプルー

ハマエンドウハマエンドウ
海辺の砂浜や海岸近くの草むらに生息する。茎は蔦状に伸び、夏にかけて赤紫色の花を着ける。

  • 材料(4人分)
  • ハマエンドウの若い葉・茎(一握り、約100g)
  • 木綿豆腐(1丁)
  • サラダ油(大さじ1)
  • 塩・コショウ・しょうゆ(各適量)
  1. フライパンにサラダ油をひき、一口大に切った木綿豆腐を並べる。中火であまり動かさず、表面がカリッとするように両面を焼く。
  2. ハマエンドウの若葉を入れていため、塩、コショウで味をととのえ、しょうゆをふり入れる。

Close

ツルナ入り中華いため

ツルナツルナ
海岸に茎が地を這うように生息する。葉が食用になる。

  • 材料(4人分)
  • ツルナ(150g)
  • 鶏もも肉(200g)
  • ピーナッツ(殻付き80g)
  • ニンニク・ショウガ(各1かけ)
  • 種を抜いた赤トウガラシ(1本)
  • 酒・しょうゆ(各大さじ1)
  • サラダ油・ゴマ油(各大さじ1)
  • 塩・コショウ(各適量)
  1. ツルナの軟らかそうな若芽は茎のまま、ほかの葉は1枚ずつ取ってよく洗い、塩を入れた熱湯でさっと湯がいて水けを切る。
  2. 鶏もも肉は、一口大に切り、塩、コショウ、酒で下味をつけておく。ニンニク、ショウガはみじん切りにしておく。
  3. 中華鍋を強火で熱してサラダ油をなじませ鶏肉を焼き、ニンニク、ショウガ、赤トウガラシを入れ、香りが出たら1.を入れていためる。
  4. 塩、コショウで味をととのえ、殻と薄皮をむいたピーナッツを加える。最後に、しょうゆをふり入れ、ゴマ油をかけて、火から下ろす。

Close

ハマダイコンのサラダ

ハマダイコンハマダイコン
ダイコンが浜辺で野生化したものといわれる。砂地に多く生育。

  • 材料(4人分)
  • ハマダイコンの花茎・さや(30本程度)
  • ゆでダコの足(1~2本)
  • 新タマネギ(1/2個)
  • A:オリーブオイル(大さじ3)、りんご酢または米酢(大さじ1)、塩・コショウ(各適量)
  1. ハマダイコンはサッとゆで、水けを切っておく。新タマネギはスライスして水にさらした後、ざるに上げておく。タコは一口大に切っておく。
  2. ボウルの中で1.を合わせ、さらにAをふり入れて混ぜ合わせる。

Close

アシタバの焼きそば

アシタバアシタバ
房総半島や伊豆諸島などが産地で、不老長寿の妙薬といわれてきた。

  • 材料(4人分)
  • アシタバ(一握り、約200g)
  • たたみいわし(2枚、もしくは、ちりめんじゃこを適量)
  • ショウガ・ニンニク(各1かけ)
  • 酒(少々)
  • オイスターソース(大さじ1)
  • ゴマ油(小さじ1)
  • サラダ油・塩・コショウ(各適量)
  1. アシタバは塩を入れた熱湯でサッとゆで、水にさらしてあくを取り水けを絞る。食べやすく切りそろえておく。
  2. 中華鍋を熱し、サラダ油大さじ2を入れなじませる。中火にして焼きそばのめんを表面がパリッとなるようにいため、皿に取っておく。
  3. 2.の鍋にサラダ油大さじ1を足して、千切りのショウガとたたいて刻んだニンニクを入れ、香りが出たら1.と2.を入れ、酒をふり入れ、強火でいためる。塩、コショウ、オイスターソースで味をととのえ、最後にゴマ油で香りをつける。
  4. きつね色にパリッと焼いたたたみいわしを一口大に手で割って、焼きそばに飾りつける。

Close

ヒジキご飯

ヒジキヒジキ
日本中の岩礁がある海岸ならば、どこにでも見られる海藻。

  • 材料(4人分)
  • 乾燥ヒジキ(10g)
  • 雑穀米(2合)
  • ゴマ油(大さじ1)
  • A:だし汁(150ml)、酒(大さじ2)、しょうゆ(大さじ1)、砂糖(小さじ1)、塩少々
  1. ヒジキは水で戻してからサッと洗い、長ければ切りそろえておく。
  2. 雑穀米を炊いておく。
  3. ゴマ油を入れたフライパンで1.をサッといためてから、混ぜ合わせたAを加えて、汁がほぼなくなるまで中火で煮あげる。
  4. 炊きあがったご飯に3.を加えて混ぜ合わせて、握る。

Close